システム利用規約

システム利用規約

 

システム利用規約

 

株式会社エムハート(以下「当社」といいます。)が提供する「マイホルターⅡ」(一般的名称 ホルター解析装置用プログラム、医療機器認証番号303AGBZX00015000、以下「本解析ソフト」といいます。)ならびに付随する「EG Holterシステム」(以下本解析ソフトとEG Holterシステムをあわせて「本システム」という)の利用に関して、利用者(第1条第2号に定義するものをいいます。以下同じです。)が本システムを利用するにあたって同意していただく必要のある事柄を記載しています。

本システムをご利用になる際には、この「システム利用規約」(以下「本規約」といいます。)が適用されます。
なお、本規約については、利用者が本システムをご利用いただいた時点で同意されたものとさせていただきますので、ご利用の前に必ずお読みください。

第1条(定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語は、当該各号に定めるとおり定義します。
(1) 「システム利用規約」
本システムを利用するに際し、本規約ならびに当社ウェブサイト等上に掲載されるこれに関連する規約・通知等をその内容に含みます。
(2) 「利用者」
本規約における利用者は、AI解析サービス付き「EG Holter」(一般的名称 長時間心電用データレコーダ、医療機器認証番号303AGBZX00067000)を購入し、EG Holterにより得られた心電データ等について、本システムを通じて本解析ソフトにより解析をおこなうにあたり、本規約に同意する法人、団体又は個人をいいます。
(3) 「登録情報」
利用者が、本システムを利用するにあたって、当社が定める情報、本システム利用中に当社が必要と判断して登録を求めた情報及びこれらの情報について利用者自身が追加、変更を行った場合の当該情報をいいます。
(4) 「心電データ等」
利用者が、本システムを利用して送信又は保存する電子情報(心電データ、患者の匿名情報、行動記録など心電図解析にあたって必要となる情報等)を意味します。
(5) 「知的財産権」
著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)をいいます。

第2条(利用目的)

  1. 本解析ソフトは、MFER規格の心電データを解析する業務を支援することを目的とします。
  2. 本解析ソフトが提供するものは、確定診断ではありません。
  3. 本システムはクラウドサーバーにネットワーク接続し、情報を活用するためのサービスであり、「EG Holter」や「通信用ドングル」などの機器類は適用対象に含まれません。

第3条(本システムの利用)

  1. 利用者が本システムに送信した心電データおよび本解析ソフトにおいて作成した情報(以下「登録情報」といいます。)について、当社はバックアップ等の保管管理をおこないません。利用者は、必要に応じて心電データ等のバックアップをおこなうものとします。
  2. 利用者は、本システムが想定している利用形態を超えて本システムを利用することはできません。 想定を超えた行為とは、複製、翻訳、翻案、送信、転載、改変、販売、配布、再使用許諾、公衆送信(送信可能化を含む)、貸与、譲渡、リースなどの行為が含まれます。
  3. 当社は、利用者が本システムの利用に際して法令又は本規約に違反し、あるいは違反するおそれがあると認めた場合、その他の業務上の必要がある場合、あらかじめ利用者に通知することなく、本解析ソフトの利用を制限することができるものとします。

第4条(IDおよびパスワード)

  1. 利用者は、本システムで利用するIDおよびパスワード等の管理責任を負うものとし、当該IDおよびパスワード等を第三者に知られるような態様で管理してはならないものとし、この義務を怠ったことにより利用者に損害が生じても当社は一切の責任を負わないものとします。
  2. 利用者は、パスワード等を第三者から推測されにくいものに設定し、また、その後もパスワード等を適切に管理する義務があるものとし、これらの義務を怠ったことにより利用者に損害が生じても当社は一切の責任を負わないものとします。
  3. 利用者は、IDおよびパスワード等の使用および管理に全責任を持つものとし、管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 利用者は、IDおよびパスワード等を当社が許可した第三者以外の者に利用させ、又は、貸与、譲渡、売買、質入等を行うことはできないものとします。

第5条(情報の利用)

  1. 利用者は、利用者の登録情報ならびに本システムに登録された心電データ等について、当社および当社と協働する第三者に対して、本解析ソフトにより得られた解析結果に関する臨床検査技師もしくは医師による解析を目的とした開示、保存、バックアップのための複製をおこなうことに予め同意するものとします。
  2. 利用者は、本解析ソフトに登録された個人情報を含まない心電データについて、本解析ソフトの精度向上を目的とした改良のため、当社および当社と協働する第三者に対して、開示、保存、バックアップのための複製をおこなうことに予め同意するものとします。
  3. 当社は、本システムを運用するために合理的に必要な範囲のものを除き、利用者の登録情報ならびに心電データ等に対する何らの権利や知的所有権を、この規約によって得ることはないものとします。
  4. 当社は、情報の利用目的を、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲内において変更することがあり、変更した場合には契約者に通知又は公表します。
  5. 当社は、統計データ等を、第三者に開示することがあります。この場合、開示されるのは特定の法人、団体及び個人を識別することのできない統計データ等のみであり、契約者自身を識別できる情報を開示することはありません。
  6. 当社は、本システムの利用を通じて取得した利用者の個人情報を当社が別途規定する個人情報保護方針(「個人情報の取扱について」を含みます。以下同じです。)に則って、管理するものとし、利用者は、当社が利用者のデータ等に含まれる利用者の個人情報を個人情報保護方針に従って取り扱うことに予め承諾するものとします。
  7. 当社は、利用者のデータ等に含まれる利用者以外の者の個人情報を取り扱いません。
  8. 利用者が心電データ等に個人情報を登録した場合は、利用者が自らの責任によって管理するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第6条(禁止行為)

    1. 利用者は、本システムの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。

(1) 他人の著作権を侵害する行為。
(2) 他人のプライバシーを侵害する行為。
(3) 他人の名誉・信用等を侵害する行為。
(4) 犯罪的行為又は犯罪的行為に結びつく行為。
(5) 事実に反する情報を提供する行為(他人に成りすます行為も含みます)。
(6) 本システムの運営を妨げたり、信用を傷つけたりする行為。
(7) 当社が利用者又は利用者のサービス等に推奨を与える又は後援していると、当社に無断で示唆する行為
(8) 当社又は第三者に対する迷惑行為
(9) 本システムを管理するサーバーに対して、コンピュータウィルスなどの有害なプログラムを配信する行為
(10) IDやパスワードを第三者に貸与その他不正に使用する行為
(11) 当社に虚偽の申告をする行為
(12) 第三者のために本システムを利用する行為、その他自己利用以外の目的で本システムを利用する行為
(13) その他、法令に違反する行為又は法令に違反するおそれのある行為
(14) その他、当社が不適切であると判断する行為

  1. 利用者により、前項各号に該当する行為がなされた場合、当社は、利用者に対して本システムの利用停止その他当社が適切と判断する措置(以下、「利用停止措置等」といいます。)をとることができるものとします。なお、利用停止措置等は、当社の判断に基づき行うことができるものとし、当社は、利用停止措置等を行った理由について、開示する義務を負いません。また、利用停止措置等に起因して生じた損害について、当社は、一切の責任を負わないものとします。

第7条(知的財産権)

本システムに関する知的財産権は当社および正当な権利者たる第三者に帰属し、本規約によって利用者に権利が移転することはなく、利用者には利用権のみが付与されるものとします。

第8条(委託)

当社は、本システムに関する業務の一部又はすべてを第三者に委託することができるものとします。

第9条(免責)

    1. 利用者は、利用者の責任において本システムを利用するものとし、本システムにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。
    2. 利用者が本システムを利用することにより当社が損害を負った場合は、利用者は当該損害(合理的な金額の弁護士費用を含む。)を賠償するものとします。
    3. 当社は、利用者に事前に通知をすることなく、本システム又は本システムが提携するサービスの仕様等を変更することができるものとします。
    4. 当社は、本システム又は本システムが提携するサービスの変更、提供中止、停止、故障等により、損害が生じたとしても、これについて一切の責任を負わないものとします。
    5. 利用者は、本システム又は本システムが提携するサービスにおいて、下記の事情により一定期間、利用が停止される場合があることをあらかじめ承諾し、本システム又は本システムが提携するサービスの停止による損害の補償等を当社に請求しないものとします。

(1) 本システム又は本システムが提携するサービスのサーバー、ソフトウェア等の点検、修理、補修等のための停止
(2)コンピュータ、通信回線等の事故による停止、その他、やむをえない事情による停止

  1. 本システムを利用して、利用者が第三者に提供する情報については、すべて利用者の責任のもとで発信されるものとし、その完全性、正確性、確実性、有効性、安全性等につき、当社は一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社は、本システム又は本システムが提携するサービスを通じて利用者が得る情報については、その完全性、正確性、確実性、有効性、安全性等につき、一切の保証をしないものとします。 また、それによる利用者の損害についても一切の損害賠償責任を負わないものとします。

第10条(反社会的勢力の排除)

    1. 利用者は、当社に対して、次の各事項を保証し、自己又は自己の役員及び従業員並びに自己の委託先及び調達先にも、次の各号を遵守させる義務を負うものとします。

(1) 自らが反社会的勢力でないこと、又は反社会的勢力でなかったこと。
(2) 反社会的勢力を利用しないこと。
(3) 反社会的勢力を名乗るなどして当社の名誉・信用を毀損し、もしくは業務の妨害を行い、又は不当要求行為をなさないこと。
(4) 自己の主要な出資者又は役職員が反社会的勢力の構成員でないこと。

  1. 当社は、利用者が前項に違反した場合、何らの催告なしに利用停止措置等を講じることができます。
  2. 当社は、前項により利用停止措置等を講じたことにより利用者に損害が生じたとしても、一切の損害賠償を負いません。

第11条(規約改定)

    1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、利用者の承諾を得ることなく、本規約を変更できるものとします。

(1) 変更内容がサービス名や表現の変更又は誤字、脱字の修正等であり、本規約の内容に実質的に影響しない場合
(2) 変更内容が利用者にとって一般の利益に適合する場合
(3) 変更内容が変更の必要性、変更後の内容の相当性その他変更に係る事情に照らして合理的なものである場合

  1. 当社は、前項第2号及び前項第3号による変更の場合、本規約変更の効力発生の相当期間前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を当社ウェブサイト等への掲載その他当社が適当と判断する方法により通知します。なお、前項第1号による変更の場合、変更後の本規約の内容を当社ウェブサイト等への掲載その他当社が適当と判断する方法により通知した時点で変更後の本規約の効力が発生するものとします。

第12条(連絡・通知)

利用者から本システムに関する当社への問い合わせなどは、当社の定める方法で行うものとします。なお、当社が、利用者に対する連絡又は通知を電子メール送信又は当社ウェブサイト等での掲載により行う場合、当該電子メールが当社から発信された時点又は当社ウェブサイト等に掲載された時点で、当該連絡又は通知が行われたものとみなします。

第13条(裁判管轄)

本規約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関して生じた利用者当社間の紛争については、盛岡地方裁判所を第1審の専属合意管轄裁判所とします。

第14条(協議)

本規約に定めのない事項、又は本規約に関して生じた疑義については、利用者当社互いに誠意をもって協議の上、その取扱いを決定するものとします。

戻る