ヘルスケア事業を始めるにあたって困っていませんか?

 
医療機器の開発を新たに始める、またはヘルスケア事業に新規参入する場合、自社には医療に関する知見やノウハウが不足し、壁にぶつかることが数多くあります。特に開発・製造が得意な企業は、プロダクトアウトな開発が先行しがちで、現場の使い勝手やニーズに合わずに「売れない製品化」に陥ってしまうケースが少なくありません。
 
エムハートは、医師・看護師・技師など医療従事者の人的ネットワークを通して、医療従事者が日々の診断や医療機器に対する考えなど現場のホンネをフィードバックし、医療機器の設計・開発の助言をおこないます。事業化にあたっては、価格と機能のバランス、つまりオーバースペックにならない「売れるモノ」づくりの視点が不可欠です。

【強みを持つ分野】
・循環器科 ・内科 ・糖尿病 ・リハビリ ・遠隔医療 ・健康診断


アイデアから製品化までの道のりに寄り添います

 
技術シーズやアイデアを持っていたとしても、製品化や事業化に至るまで1社単独で実行するには予算や資金が限られています。
 
エムハートは、企画から製品化に至るまでの各ステップ、研究開発→設計→試作開発→量産に至るまでのコンサルティングを提供します。医療機器開発の場合は、医療機器製造業許可を持つ企業とのマッチングもおこなっています。

【支援項目】
・大学との連携 ・技術シーズを持つ企業とのマッチング
・試作開発企業の紹介 ・量産工場とのマッチング


ヘルスケア事業にはノウハウが必要です

 
ヘルスケア事業は、健康や安全確保の観点から様々な制約が課せられています。医療機器の製造・販売にあたっては薬機法による規制があり、非医療機器のデバイスにおいても表示法や薬機法を踏まえなければなりません。
 
また、売れるモノづくりには、「現場の評価」「流通」「品質管理」が欠かせません。これからヘルスケア事業に参入しようとする企業に対して、「医療従事者との橋渡し」「マーケティングリサーチ」「品質管理プロセス」のコンサルティングを提供しています。

【支援項目】
・ユーザー評価(操作感・使用感) ・医学的観点の助言 ・流通企業の評価
・品質管理プロセス ・市場リサーチ ・最新技術の紹介